PC筋の鍛え方と効能

PC筋の鍛え方、効能について調べました。

肛門を締める→緩めるだけ

最近の若い男性に多い膣内射精障害は勃起の持続時間が短く、セックスで射精出来ないという症状があります。
原因は排泄をコントロールする骨盤底筋のPC筋が弱くなっている事だそうです。

ネットではトイレで排尿を途中で止めたり、スクワットや呼吸連動法などのPC筋トレーニングが紹介されています。
これらは効果があるのか、泌尿器科の専門医・東京の飯田橋中村クリニックの中村剛先生に聞きました。

中村先生は「効果がないとは言えないけれど、あまりオススメ出来ない方法」と言います。
筋トレの定番のスクワットは鍛える事は出来ますが、効率が悪いんだそうです。

それよりもPC筋に重点を置いた簡単なトレーニングがあり、肛門を5秒締めて5秒緩めるのを繰り返すだけです。
簡単だし立っていても座っていても出来るので、仕事中・通勤中・家でのんびりしている時など自分の好きな時に行えます。

締める→緩める10回が1セットで、朝・昼・夕方・寝る前に1セットずつ、1日40回行います。
始めは3か月を目標に続ければ早いと2〜3週間で効果を実感出来ます。

ただし、これでセックスでの持続力が上がっても油断は禁物です。
PC筋はほおっておくと弱る一方なので、トレーニングをやめると元に戻ってしまう可能性が高いです。
1日40回のトレーニングを毎日の習慣にしましょう。

原因にもよりますが、PC筋を鍛えると早漏を改善出来る可能性もあります。
自慰行為で射精しそうになった時にPC筋に力を入れてこらえる寸止めは、早漏改善のトレーニングの1つです。
排尿を途中で止めると尿が逆流して尿路感染症になる危険がありますが、射精の寸止めは問題ないそうです。

持続時間がアップし、早漏も改善出来るなんて夢の様ですね。
とても簡単なので、セックスで悩みがある人もない人もぜひ始めてみて下さい。

トップへ戻る
Copyright (C) LIFESTYLE All Rights Reserved.